寝過ごし救済バス

公開日: 

忘年会シーズンに合わせて、東京・多摩西部を中心に路線バスを運行する西東京バスが、JR中央線の中央特快最終電車で終点の高尾駅にたどり着いてしまった乗客を”救済”するバスの運行を始めたそうだ。
中央線は、新宿駅を午前0時11分に出発する中央特快高尾行を利用して寝過ごしてしまうと、高尾駅到着は午前0時55分で接続する上り電車はない。また高尾山にほど近く、周辺に夜を明かすことができる施設も少ないため、週末などは駅近くで立ち尽くす人も少なくないという。
西東京バスの運転手も別の会社に勤務していた当時乗り過ごした経験があり、同様のサービスを社内で提案。昨年、最終電車の到着に合わせ、乗り越し客を宿泊施設や深夜営業の店が多い八王子市市街地まで送り届けるサービスを実施したところ、料金は日中の倍の880円ながら7日間で計約150人が利用するなど好評だったという。
今年は12、19、23、26日の土曜日、祝日のそれぞれ未明に運行することにし、12日は6人、19日は24人が利用したそうだ。同社は「本来なら深酒して乗り過ごさないのが一番だが、万一そうなってしまった時はぜひ利用してほしい」としているという。
これは、忘年会や飲み会でよく乗り過ごしてしまう人にはありがたい措置ではないだろうか。ぜひほかの路線でも導入してもらいたいものだ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑