秋田のクマ、人を食べていた

公開日: 

先月から、秋田県鹿角市ではクマがタケノコ刈りにきた人を襲う事件が相次いでいる。クマに襲われ死亡した人もおり、見つかった遺体は性別が分からないほどひどい有様だったという。
襲われたのは4人だが、この4人目の女性がクマに遭遇した現場の近くでクマが射殺され、後に解剖された。
解剖の結果、クマの胃の中から、タケノコと共に人の体毛や肉片が確認された。このことを受けて専門家は、クマが人間を食べられるものと認識したとみている。相次いで襲われたのは、そのためである。
人を襲ったクマは駆除され、現在は人の生活圏外のクマ対策が進められようとしているが、射殺されたクマの胃の内容物から、他3人を襲ったクマは他にいると考えられるそうだ。付近の住民は充分に警戒してほしい。
野生の恐ろしさを感じられる事件だ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑