元プロレスラーのジプシー・ジョーさん死去

公開日: 

日本でも活躍した元プロレスラーのジプシー・ジョーさん(82歳)が日本時間の16日に死去したと、米国の複数のメディアが報じました。
死因は不明ですが、2013年に痛風で右足を切断するなど健康に問題を抱えていたとのことです。
ジョーさんは1963年に米国でプロレスデビューし、身長176センチと小柄ながらイスで殴打してもイスが壊れてしまうほどの驚異的な打たれ強さを誇ったラフファイターで、北米大陸各地を渡り歩いて多くの王座を獲得したそうです。
1975年には国際プロレスに初来日し、1981年からは全日本プロレスの常連となったそうです。
2011年1月に米国で引退試合を行われたとのことです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑