auプラン 見直し

auのプランを見直して料金を安くする

2015年以前からauでスマホを使っている人の多くは、以下のようなプランで契約している人か多いのではないでしょうか?

 

月額基本使用料(誰でも割適用)934円+LTEフラット5,700円+LTE NET300円

合計6,934円

 

ここにauスマートバリューの割引が適用されると、最大2年間毎月1,410円割引になるので月5,524円になります。3年目以降は割引金額は934円になるので月6,000円になります。

 

割引が適用されても月5,000〜6,000円というのはやっぱりちょっと高いですよね。もう少し安くならないのでしょうか?契約してからずっとそのまま使い続けているという人は一度プランを見直してみるといいかもしれません。

 

>> auの格安SIMはこちら <<

 

auの料金プラン

auにはカケホ、スーパーカケホ、LTEプランという主に3つの通話プランがあります。

通話プラン
  月額料金 通話料 パケットプラン
カケホ 2,700円 24時間かけ放題 データ定額2/3/5/8/10/13から選択
スーパーカケホ 1,700円

1回あたり5分以内の通話は無料
5分を超えた場合は20円/30秒
※家族間は無料

データ定額3/5/8/10/13から選択
LTE 934円

1〜21時は無料
21時〜翌1時は20円/30秒

LTEフラットとセットで加入が必須

 

カケホは料金は一番高いですが、24時間かけ放題なので電話をよくかける人や通話時間が長い人におすすめです。LTEフラットはあまり通話をしない人におすすめのプランです。しかし、基本料金だけで選ぶとかえって割高になってしまう場合もあります。それは、セットで契約できるパケットプランが関係しているためです。

 

データ定額プラン

データ定額プランはカケホ、スーパーカケホとセットで契約することができるパケットプランです。ただしスーパーカケホはデータ定額2は選ぶことができません。

データ容量 月額料金 通話プラン
データ定額2(2GB) 3,500円 カケホ
データ定額3(3GB) 4,200円 カケホ/スーパーカケホ
データ定額5(5GB) 5,000円 カケホ/スーパーカケホ
データ定額8(8GB) 6,700円 カケホ/スーパーカケホ
データ定額10(10GB) 8,000円 カケホ/スーパーカケホ
データ定額13(13GB) 9,800円 カケホ/スーパーカケホ

※どちらのプランもLTE NET300円/月がかかります。データ定額2/3はデータくりこしができません。

 

カケホでデータ定額2を契約すると、月額合計6,500円。スーパーカケホでデータ定額3を契約すると、月額合計6,200円になります。

 

トータルで見るとスーパーカケホの方が安くなる上、月々3GBデータ通信が使えるのでこちらのプランの方がおすすめです。

 

LTEプラン
  データ容量 月額料金
LTEフラット 7GB 5,700円

※さらにLTE NET300円/月がかかります。

 

LTEプランの場合はLTEフラットしか契約することができません。そのため934円の基本料+5,700円+LTE NET300円で合計月額6,943円になってしまうのでスーパーカケホ+データ定額3の方が安くなります。

 

どのデータ定額プランを選ぶかは使い方次第ですが、もしデータ容量を7GBも使っていない場合は一度見直した方が良いかもしれませんね。しかしデータ定額プランが選べるようになったのはいいのですが、それでもまだまだ5000円台とまだまだ高い印象がありますね。

 

もっと安くしたいという人は格安SIMへの乗り換えを検討することをおすすめします。

 

>> auの格安SIMはこちら <<

auに月4,900円でスマホが使えるプランが登場!

auでは2016年3月23日から、スーパーカケホとセットで契約できる「データ定額1」プランの提供を開始すると発表しています。データ定額1は月額2,900円で月々のデータ通信量が1GBまで使えるプランです。

 

データ容量 月額料金 通話プラン
データ定額1(1GB) 2,900円 スーパーカケホ

 

これでスーパーカケホの基本使用料1,700円+LTE NET300円と合わせて月額4,900円でスマホが使えるようになります!ついに5,000円を切ったというのは大きいですね!なおカケホとセットでは申し込むことができません。

 

しかし、気になるのは月々データ通信が1GBしか使えないというところです。1GBを使い切ってしまうと、その後は翌月まで通信速度がかなり遅くなってしまいます。これなら格安SIMの方がまだまだ料金も安く済みます。

 

一番気になるのは通話料ですが、格安SIMでも無料通話分のついているプランが登場したり、通話アプリを利用して安くする方法もあります。

 

  au UQ mobile mineo
プラン名 スーパーカケホ+データ定額1 ぴったりプラン デュアルタイプ(1GB)
月額料金 4,900円 2,980円 1,410円
月間データ容量 1GB 1GB 1GB
通話料

1〜21時まで無料
上記以外の時間帯は20円/30秒

毎月1,200円(最大30分)無料
それ以降は20円/30秒

20円/30秒

 

LaLa Call使用の場合は
携帯電話:18円/1分
固定電話:8円/3分

データ繰り越し ×

 

通話料の部分は多少異なりますが、同じような条件で比較してもやはり格安SIMの方が断然お得ですね。mineoで契約してLaLa Callを使って通話するのであればデータ通信専用のシングルタイプでもいいのでさらに安く使うこともできます。ただしLaLa CallはIP電話なので「通話品質がよくない」、「緊急番号に通報できない」といったデメリットがあるので注意が必要です。

 

また、mineoは利用開始の最初の月は1GB追加でもらえるので、初月は2GB分のデータ通信ができるというのもうれしいですね。

 

でもやっぱり1GBでは心許ないと思うので、3GBのプランでも比較してみましょう。

 

  au UQ mobile mineo
プラン名 スーパーカケホ+データ定額3 ぴったりプラン+たっぷりオプション デュアルタイプ(3GB)
月額料金 6,200円 3,980円 1,510円
月間データ容量 3GB 3GB 3GB
通話料

1〜21時まで無料
上記以外の時間帯は20円/30秒

毎月2,400円(最大60分)無料
それ以降は20円/30秒

20円/30秒

 

LaLa Call使用の場合は
携帯電話:18円/1分
固定電話:8円/3分

データ繰り越し ×

 

3GBのプランだともっと格安SIMの方がお得になります。UQ mobileの「たっぷりオプション」はぴったりプランの基本料にプラス1000円ですると月間データ容量が3GB、無料通話分が2,400円(最大60分)になるというサービスです。月々1時間無料通話分があれば、それほど電話をしない人なら収まるのではないでしょうか。

 

さらに、UQ mobileのぴったりプランにはauでは廃止されてしまった端末代「実質0円」があるのが特徴です。実質0円とはUQオンラインショップから対象端末とセットで購入した際、端末購入アシストを適用すると「マンスリー割」でスマホ代が0円になるというもの。

 

対象端末はarrows M02というSIMフリースマホです。契約期間2年間という縛りはありますが、SIMフリースマホが実質0円で手に入るというのはなかなかお得で良いですね。

 

また、auのプランだと余ったデータ容量を翌月に繰り越すことはできませんが、格安SIMならデータ繰り越しができるというのもポイント高いですね。初期手数料が3000円かかるというデメリットはありますが、日中電話をよくかける人や月1時間以上電話をかける人、auのキャリアメールが使えなくなると困るという人でなければ格安SIMへの乗り換えをおすすめします。


トップページ auの格安SIMを徹底比較! iPhoneは使える? 通話はできる? LINEは使える? 実際に使ってみました