格安SIM メール

格安SIMでメールは使える?

格安SIMの乗り換えると月々の通信費は安くすることができますが、メリットばかりではありません。格安SIMのデメリットとしてよく挙げられるのが「キャリアメールが使えなくなる」ということです。そもそもキャリアメールとは何なのでしょうか?

 

キャリアメールとは?

キャリアメールとは、「○○○○@docomo.ne.jp」「○○○○@ezweb.ne.jp」「○○○○@softbank.ne.jp」というキャリアから提供されているメールアドレスのことです。キャリアから提供されているサービスなので、キャリアの契約を解除してしまうと当然このサービスは利用することができなくなります。

 

またMVNOでは技術的な問題やコスト面から、キャリアのようにメールアドレスの提供をしているところはほとんどありません。では、格安SIMに乗り換えるとメールは使えなくなってしまうのでしょうか?

 

キャリアメールの代わりに使えるサービスを利用する

キャリアメールが使えなくなってしまうからと言って、メールがまったく使えなくなるわけではありません。スマホで利用できるメールにはEメールとSMS(ショートメッセージサービス)というものがあります。

 

キャリアメールもEメールの一種ですが、それ以外にもスマホで使えるEメールはあるのです。

 

フリーメールを使う

フリーメールとは、無料で利用できるEメールのことです。代表的なものだとGメールやYahoo!メールがあります。インターネットに接続してサイトやアプリから設定を行えば誰でも利用可能です。

 

Gメールの場合はGoogleアカウントを作成し、メールアドレスを取得します。Yahoo!メールの場合はYahoo!IDを登録すればメールアドレスが取得できます。どちらもすべて無料で利用できるサービスです。他にもフリーメールにはOutlook.com(旧Hotmail)、Exciteメール、AOLメール、BIGLOBEメールZoho Mailなどがあります。

 

ただし、フリーメールはPCメール扱いのため、キャリアメールに送る場合は相手が迷惑メールフィルターを使用していると送れない場合があります。

 

迷惑メールフィルターの「PCメールの受信拒否」設定は迷惑メールフォルダにすら受信されないため、相手にメールアドレスが変更になったことを伝えること自体ができないのです。

 

そのためキャリアメールからフリーメールに切り替える時は、キャリアメールが使えなくなる前にメールアドレス変更の連絡をしておいた方が良いでしょう。

 

MVNOが提供しているメールアドレスを使う

MVNOの多くではキャリアのようなメールアドレスの提供を行っていませんが、例外として一部のMVNOではメールアドレスを提供しています。そのMVNOとは、UQ mobileのことです。

 

UQ mobileでは月額200円で「@uqmobile.jp」というメールアドレスが提供されます。このアドレスは携帯電話のメールアドレスと認識されるため迷惑メール扱いにならず、キャリアメールでも受信が可能となります。

 

ただし、このメールアドレスが利用できるのは一部の機種のみです。利用可能な機種は下記のものになります。

メーカー 対応機種
FUJITSU arrows M02
KYOCERA KC-01
KYOCERA TORQUE G02
KYOCERA URBANO V02
LG G3 Beat
FxO LGL25
isai vivid LGV32
SAMSUNG GALAXY Note Edge SCL24
GALAXY S5 SCL23
GALAXY S6 Edge SCV31
SHARP AQUOS SERIES SHV32

 

なお、mineoでも「@mineo.jp」というアドレスを提供していますが、こちらはPCメール扱いとなるのでキャリアメールでは受信できない場合があります。

 

SMSを使う

SMSとは、携帯電話の番号だけで短いテキストメッセージを送ることのできるサービスです。auでは「Cメール」というサービス名で提供されているものです。相手の電話番法さえわかればメッセージが送れるのでとても便利ですが、一度に送れる文字数が少ない上、絵文字を使ったり画像を添付することはできません。

 

SMSは、MVNOによってはデータ通信のみのプランだと対応していなかったり、有料オプションとなっている場合もあります。UQ mobileではどのプランでも無料で利用できますが、mineoではデータ通信のみのプランの場合は月額120円の基本料金がかかります。

 

またSMSは受信は無料ですが、送信には1通につき3〜30円の送信料がかかります。何通も送っていると費用がかさんでしまうので、メインの連絡手段として使うのはおすすめできません。

 

LINEを使う

無料通話アプリ「LINE」ではメッセージや画像、スタンプでのやり取りができます。この機能をメール代わりに利用すれば無料で相手にメッセージを送ることができるので便利です。ただし、LINEでメッセージのやり取りをするには相手もLINEを利用しており、友だち登録をしなければなりません。

 

またLINEでのやり取りはデータ通信を利用するので、大きな画像の送受信や通話を頻繁に行っていると月々のデータ量を使い切ってしまう場合があるので注意が必要です。通話が長くなる場合はWi-Fi環境を利用するといいでしょう。

 

キャリアの回線を保持して2台持ちをする

ここまでの方法を利用すると費用は抑えられるのですが、今まで使っていたメールアドレスは使えなくなってしまいます。仕事で利用していたり、事情があってメールアドレスが変わってしまうと困るという場合は、キャリアの回線を解約せずに残して安いプランに変更し、格安SIMとの2台持ちをして節約するという方法がおすすめです。

 

この場合、月々の通信費の合計は格安SIM単体で運用する場合より高くなってしまいます。auのプランを安く保持するにはガラケーに切り替え、必要最低限のプランに変更すれば月々1000円台で運用できます。格安SIMのプランでもデータ通信のみで最低限必要なデータ通信量を選べば両方合わせても2000円程度に抑えることも可能です。

 

請求金額を2つ確認しないとならないことや端末を2台持ち歩かなければならないという手間はありますが、どうしてもキャリアメールを残したい場合はこうした方法をとってみてはいかがでしょうか?


トップページ auの格安SIMを徹底比較! iPhoneは使える? 通話はできる? LINEは使える? 実際に使ってみました