格安SIM 通信速度 違い

MVNOによって通信速度が違うのはなぜ?

格安SIMの通信速度は、各MVNOが公式サイトで公表している速度を比較してみてもそれほど大きな差がないように思えますが、実際に速度を測定してみたり使ってみた時の感覚では会社ごとに違うということがあります。なぜ違いがあるのでしょうか?

 

実は、通信速度は「回線帯域の太さ」と「通信設備」に影響されます。この「回線帯域の太さ」と「通信設備」はMVNOによって違います。一般的に帯域が太ければ、ユーザーやアクセスが増加しても通信速度が低下しにくく、通信設備に投資していればデータを早く処理できるため、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくいと言われています。

 

つまり、回線帯域を確保し、通信設備に投資すれば通信速度が出ることになります。しかし、あまり多く回線容量を確保してしまったり、通信設備に投資しすぎたりしてしまうと、その分コストがかかってしまうので「格安」で通信サービスを提供することが難しくなってしまいます。

 

MVNOには自社で通信設備を持っている場合と、持っていない場合があります。実はMVNOには、キャリアから回線を直接借り受けている一次事業者と、MVNOから設備を借りている二次事業者があります。一次事業者のことを「MVNE」とも言います。

 

二次事業者の場合、大手キャリアと接続するための設備が必要ないので、より低コストで運用することも可能です。例えばIIJはドコモから回線を直接借り受けている一次事業者ですが、IIJのグループ会社であるhi-hoはIIJから設備などを借り受けて独自のサービスを展開している二次事業者となります。

 

その他に、U-mobileや楽天モバイル、NifMoなどが二次事業者として知られています。au回線の格安SIMであるUQ mobileとmineoもこの二次事業者になります。

 

このような仕組みがあるので多くの企業が格安SIM市場に参入し、市場が活性化しているのです。一方で、帯域が細く通信設備にも十分投資できていないのに、ユーザーをたくさん集めているMVNOもあります。サービス開始当初は快適に利用できていても、ユーザー数の増加によって通信速度が遅くなってしまったり、昼や夕方などの混雑時に極端に速度が低下してしまうというケースも少なくありません。

 

格安SIMを利用する側としては、極端に速度が遅くなってしまうというのは避けたいですよね。なのでMVNOを慎重に選ぶ必要があります。しかし、ユーザー側がMVNOごとの回線の太さや設備投資額などは知ることはできません。

 

そこでポイントになるのが、ネットなどの口コミです。「最近通信速度が遅くなった」といった口コミのあるMVNOは、帯域が足りなかったり通信設備が古かったりして、処理能力が間に合っていない可能性があります。通信速度を計測したデータも参考にしてみるといいでしょう。

 

わたしも実際に使ってみた感想や計測データを公開しています。よかったら参考にしてみてください。
>>mineoの速度計測データ
>>UQ mobileの速度計測データ


トップページ auの格安SIMを徹底比較! iPhoneは使える? 通話はできる? LINEは使える? 実際に使ってみました