格安SIM 3G 4G LTE

3Gと4G、LTEの違い

近頃、スマホのCMや広告で「3G」、「4G」、「LTE」といった言葉をよく目にするようになりました。これらはすべてモバイル通信の規格を表しています。
モバイル通信でやり取りする情報は、時代とともに音声からデータ中心に変わってきています。特に最近はスマホでSNSを利用したり写真をやり取りする機会が増え、より高速な通信規格が求められるようになりました。こうした使い方の変化に対応するために、次々に高度な通信規格が登場しているのです。

 

Gとは?

まず、3G4Gで使われている「G」という文字にはどんな意味があるのでしょうか?
これは、英語の「Generation(世代)」の頭文字のGです。
3Gというのは「第3世代」の通信規格であるという意味です。かつては1G(第1世代)、2G(第2世代)のモバイル通信規格もあったそうです。1Gはアナログ方式の通信規格、2Gはデジタル方式になってメールやネットの利用に対応した規格です。

 

3Gとは?

3Gとは第3世代の携帯電話方式の総称で、ITU(国際電気通信連合)によって定められた「IMT-2000」標準に準拠したデジタル携帯電話です。
基本的にCDMA方式を採用し、高速なデータ通信やマルチメディアを使用した各種のサービスなどが提供されると言われています。
2001年5月に世界に先駆けNTTドコモがW-CDMA方式による試験サービス「FOMA」を開始し、話題を呼びました。

 

4Gとは?

4Gとは、第4世代の無線移動体通信(携帯電話、移動データ通信)技術の総称です。
21世紀に入り普及したW-CDMAやCDMA2000など高速なデータ通信が可能な方式「3G」をさらに発展させたものが4Gです。
数百Mbpsという光ファイバーに匹敵する通信速度を目指して技術開発が行われてきました。

 

LTEとは?

LTEとは「Long Term Evolution(長期的進化)」の略で、4Gの一種です。
そもそも4Gは複数の通信規格を総称した呼び名であり、LTEはそのうちの1つです。4Gの中でもLTEは特に勢いのある通信規格と言えます。
当初は3Gと4Gの橋渡し的な通信規格でした。かつては「Super 3G」や「3.9G」とも呼ばれていました。

 

通信速度の違い

気になる通信速度ですが、3Gが数Mbps〜14Mbps程度なのに対し、4G(LTE)は75Mbps〜100Mbpsと圧倒的な速さを誇っています。
LTE対応スマホを利用すれば3Gよりも高速な通信が期待でき、動画を視聴したりアプリをダウンロードするのにもぴったりです。
ただし、1か月に通信するパケット量が一定量を超えると通信速度が制約されることがあるため、通信のし過ぎには注意が必要です。


トップページ auの格安SIMを徹底比較! iPhoneは使える? 通話はできる? LINEは使える? 実際に使ってみました