格安SIM MVNE

MVNEとは?

格安SIMを提供している事業者をMVNOと言いますが、このMVNOと深い関連性を持つ「MVNE」というものもあります。このMVNE、実は格安SIMを比較する際にとても重要なものなのです。

 

MVNEとは「Mobile Virtual Network Enabler」の略で、日本語で言うと「仮想移動体サービス提供者」のことです。具体的に言うとMVNOの支援事業です。業務内容は以下のようなものがあります。

 

  • MVNOの課金システムの構築・運用
  • MVNOの代理人として行うMNOとの交渉や端末調達
  • MVNOに対するコンサルティング
  • MVNOに代わってMNOと接続し、MVNOに卸電気通信役務を提供する

 

MVNEはMNOとMVNOの間に経って支援する立場にあります。MVNEが必要だった背景には、MVNOが携帯電話事業に新規参入する障壁が高かったということが挙げられます。MVNOは事業に参入するときに、回線設備を設置する必要はありませんが、ユーザーに通信サービスを提供するノウハウを自社で新しく用意しなければなりません。

 

そこで、さまざまなノウハウを持つMVNEに支援してもらうことで、負担を軽減してサービスを提供できるようになったのです。通信業界にあまりなじみのない事業者がMVNO業界に参入できるのは、間に入って支援を行っているMVNEのおかげなのです。

 

主なMVNEはには以下の事業者が挙げられます。中にはMVNE兼MVNOというところも多いです。

 

  • NTTコミュニケーションズ(OCN)
  • IIJ
  • 日本通信(b-mobile)
  • Freebit
  • BIGLOBE
  • So-net
  • NTT PCコミュニケーションズ(infoSphere)
  • 富士通(FENICS)
  • ワイヤレスゲート

 

ちなみにau系格安SIM2社のMVNEですが、UQ mobileはKDDIグループのUQコミュニケーションズ、mineoはMVNE兼MVNOとなっています。

格安SIMの品質はMVNEの質で決まる

MVNEは通信回線の品質を決める要素となっています。同じMVNEを利用しているMVNOは、通信規制やサービスなどが似ています。通信設備も提要もとによって品質が変わってくるので、格安SIMの品質、改善状況を確認するにはMVNEごとに比較するといいでしょう。

 

例えばNTTコミュニケーションズがMVNEとなって支援しているOCN系のMVNOのOCNモバイルONEぷららモバイルLTENifMoなどは回線速度が安定して速いと評判です。

 

またIIJが提供するMVNE事業は回線品質が高いと評判です。バースト機能速度切り替えスイッチが特徴です。IIJ系のMVNOには、IIJmioDMM mobileBB.exciteモバイルLTEなどがあります。

 

このように、MVNE提供元は格安SIMの品質を比較する重要な要素なのです。提供元サービスの動向を見れば、将来どんなサービスになるかも予想することもできます。

 

これから格安SIMを選ぶときは、MVNOだけでなくMVNEもチェックするようにしましょう。


トップページ auの格安SIMを徹底比較! iPhoneは使える? 通話はできる? LINEは使える? 実際に使ってみました