白ロムとは?

白ロムとは?

白ロムとは、電話番号が書き込まれていない携帯電話のことを指します。

 

今現在販売されている携帯電話は、電話番号やメールアドレスなどの情報がSIMカードと呼ばれるカードに記録されています。このSIMカードを抜いた状態の携帯電話端末のことを白ロムと呼びます。

 

SIMカードが存在する以前は、端末内部の回路上にある特殊なメモリ領域に直接情報を書き込むことで、端末が通話や通信ができるようになっていました。この特殊なメモリ領域のことを俗に「ロム」と言います。

 

このロムに情報が記録されていない状態、まっさらな状態の端末を「白ロム」、記録されているものを「黒ロム」と呼んでいます。

 

現在はSIMカードによって契約者情報が管理されているので、SIMが抜かれた状態を「白ロム」と呼んでいます。SIMの入っていない端末が中古携帯ショップやオークションなどで「白ロム」として流通しているのはこの名残と言えます。

 

他には「赤ロム」と呼ばれる状態があり、これはキャリアとの契約をする際に端末を分割で購入し、残りの支払があるにもかかわらずその端末を売りに出し、キャリアへの支払いが滞った時に端末の使用がロックされる状態のことを言います。いわゆる差押え状態です。

 

携帯端末は何らかの形で通信をすれば端末の個体情報がキャリアへと通知されるので、ロックをかけることが可能になるため起こる状態です。

 

赤ロムは違法な状態のものになるため、使用することは出来ません。中古端末購入を検討する際は、事前に赤ロム保証をしているかどうかなどを調べておいた方が良いでしょう。

 

白ロムを購入するならダイワンテレコムという通販サイトがおすすめです。キャリアの白ロムやSIMフリー端末も豊富に取り揃え、赤ロム保証もしているので安心です。

 

新しい商品も随時入荷されるのでこまめにチェックしていると欲しい機種が見つかるかもしれませんよ。

 

欲しい機種があるかチェックしてみる↓
>>買いたい方<<

 

ダイワンテレコム

 

いらなくなった携帯、スマホを売りたい
>>売りたい方<<


トップページ auの格安SIMを徹底比較! iPhoneは使える? 通話はできる? LINEは使える? 実際に使ってみました