格安SIMとは

格安SIMとは?

「格安SIM」、「SIMフリー」など最近よく聞く「SIM」という言葉。そもそもSIMとは何なのでしょうか?今さら聞けないSIMについてこちらで勉強していきましょう!

 

SIMとはSubscriber Identity Module(加入者識別モジュール)の略です。その名の通り、加入者を識別するために必要となります。スマートフォンなどのデータ端末で使われているSIMカードのサイズは、「標準SIM」、「マイクロSIM」、「ナノSIM」の3種類。これらのサイズは利用する端末・機種によって異なります。

SIMカード

サイズや通信規格が合えば、1枚のSIMカードを複数の端末で共有したり、1つの端末で複数のSIMカードを差し替えて使うこともできます。日本国内で入手できるSIMカードは通常キャリアから貸与され、契約の際には返却する必要があります。

 

ただし、プリペイドSIMカードの場合は最終使用時から一定期間後の後に失効して発信も着信もできなくなるため、解約手続きは不要です。

 

格安SIMカードとは

格安SIMカードとは、MVNOと呼ばれる事業者が大手通信キャリアに比べて低価格で提供しているSIMカードのことです。この格安SIMを一定の条件を満たしたスマホやタブレットに挿入して少し設定を行えば、ドコモもしくはKDDIの通信回線を通じてデータ通信などが可能になります。

 

一定の条件とは?

格安SIMにはドコモ系回線のSIMとau系回線のSIMの2種類があります。ここで注意しないといけないのが、ドコモ系回線のSIMはドコモの端末かSIMフリー端末、au系回線のSIMはauの端末かSIMフリー端末でないと通信ができません。これはドコモとauの通信方式が違うためです。

 

またMVNOによっても対応端末が異なる場合があるので、使おうとしている端末が対応しているか各社のウェブサイトで事前に確認しておいた方がいいでしょう。これらの条件を満たした端末にSIMカードを挿入し、APNの設定を行うことで格安SIMでの通信が可能になるのです。

どうしてこんなに安くできるの?

どうしてこんなに安くなるの?

なぜ格安SIMがこんなに安く使えるのでしょうか?

 

通信設備への投資にかかるコストが少ない

格安SIMを提供しているMVNO業者が自社で基地局を持たずに大手通信キャリアの回線を借りています。基地局を持たない分設備投資にかかるコストが少ないので回収する必要がありません。また店舗をあまり持たずにネットでの販売をメインにしているので店舗の運営費や人件費もかかりません。そのためサービスを安く提供することができるのです。

 

通信料金の値下げ競争

加えて、様々な会社が参入しているので通信料金の競争が起こっています。大手通信キャリアはドコモ、au、ソフトバンクの3社ですが、格安SIMには多数の業者が参入しています。そのため他社よりも価格を抑えることで顧客を取り込もうという動きが起こっているのです。

 

データ通信量・速度制限

格安SIMの多くはデータ通信量制度を設けています。大手通信キャリア3社よりも使える容量が少ないデータ通信量を設けたことで、低価格の月額通信料金実現しているのです。


トップページ auの格安SIMを徹底比較! iPhoneは使える? 通話はできる? LINEは使える? 実際に使ってみました