SIMカード 抜けない時 対処法

SIMカードが抜けなくなってしまった時は

格安SIMはお得で便利ですが、SIMカードを抜き差しするという手間があります。このSIMカードを差し替えるのがちょっと苦手…という人もいるかもしれませんね。また、複数のMVNOの格安SIMを用途別に使い分けて、頻繁にSIMを抜き差ししている、なんていう人もいるかもしれません。

 

でも、このSIMカードが引っかかって抜けなくなってしまった!なんてことになったら大変ですよね?そんな時、どう対処すればいいのかをご紹介します。

 

SIMカードが抜けなくなる症状には2通りあります。1つはスロット内のスプリングがカードを挿入した時に作動しない場合。この場合は引っ張り出せば何とか取り出すことができます。SIMカードを傷つけてしまう恐れがあるので、ピンセットなどは使わずにセロテープを貼り付けて引っ張るといいでしょう。

 

もう1つは主にSIMカードアダプターを使ったときにおこりやすい症状です。SIMカードを購入するときに使用する端末を決めていない、複数の端末で使いまわしたいという人は一番小さいnanoSIMを選んで買うことがあると思いますが、nanoSIMに対応していない端末に挿す場合はSIMカードアダプターを使えばサイズを変えることができます。

 

その場合、SIMカードとアダプターが中で外れてしまい、アダプターの溝に端子のピンがひっかかってしまうことがあります。この場合は無理に引っ張るとカードスロットが壊れてしまい、修理が必要になるので無理に引っ張るのはやめましょう。

 

ではどうすればいいのかというと、薄いプラスチックの板を用意します。何か買った時に商品が入っていた透明なプラスチックの箱でもいいですし、Yシャツの襟に挟んであるものでもOKです。無ければ100円ショップで売っているプラスチック板でもいいでしょう。

 

このプラスチックをスロットに挿せるサイズにカットします。スロットにプラスチック板を挿し込んだら、カードアダプターと一緒に引っ張ります。プラスチック板が端子をうまく跳ね上げてくれればアダプターがするっと出てきます。まだ引っかかっているようなら、何度かプラスチック板を抜き差ししてみるといいでしょう。

 

抜けなくなってしまっても、焦らず対処すれば大丈夫です。またアダプターを使用するときはこうしたことが起きる可能性があるので、端末に合ったサイズのSIMを購入するのが一番安全です。SIMカードは2000円くらいでサイズ交換もしてもらえるので、不安な人は好感してもらうといいでしょう。


トップページ auの格安SIMを徹底比較! iPhoneは使える? 通話はできる? LINEは使える? 実際に使ってみました