格安SIM Wi−Fi活用 通信量節約

Wi−Fiを活用して通信量を節約しよう!

格安SIMは月々のデータ容量が少ないプランの方が料金を安く抑えることができますが、容量が少ないと使い切ってしまった時に速度制限がかかってしまうので余裕のあるプランを契約する人も多いと思います。

 

もう少し容量を節約できたら…と言う人におすすめしたいのが、Wi−Fiを使った節約法です。

 

スマホの使い方にもよりますが、月々に必要なデータ通信量は1〜3GBと言う人が多いのではないでしょうか?ネットはほとんどせず、メールや地図アプリを時々使用する程度の人なら1GBでも十分でしょう。また、普通にネットやメール、LINEなどを使用したり、SNSを閲覧しているような人は3GBあれば十分だと思います。

 

でも、月によっては使い過ぎてデータ容量を使い切ってしまったりする場合もあります。そんな時、通信速度がかなり遅くなって不自由な思いをした人も少なくないのではないでしょうか?また「1GBだと足りないけれど、3GBも必要ないな…」と言う人や、「3GBだとちょっと足りないかもしれないけど、無制限にするほど使わないし、速度が遅くなるのも嫌」と言う人もいるでしょう。

 

そんな時に便利なのがWi−Fiです。

 

モバイルデータ通信を利用してネットをしたりメールをすると通信量にカウントされますが、Wi−Fi接続で利用すれば既定の通信量にカウントされないため、実質的に使い放題になります。

 

自宅でネット回線を契約して無線ルーターを設置している人は、ぜひ自宅でネットするときはWi−Fi接続を利用してみてください。

 

自宅でWi−Fiに接続する方法

まずは自宅のWi−Fiに接続してみましょう。

 

1.Wi−Fiのネットワーク名、パスワードを確認する

自宅の無線ルーターの裏にネットワーク名とパスワードが記載されているので、確認してメモしておきましょう。このパスワードはWi−Fiの接続設定時に入力することになります。

 

2.Wi−Fiをオンにする

スマホで設定画面を開き、「Wi−Fi」という項目をタップしてWi−Fiをオンにします。

Wi−Fi設定1

 

3.ネットワークを選択し、パスワードを入力する

Wi−Fiをオンにすると接続可能なネットワークが一覧で表示されるので、自宅のWi−Fiのネットワークを選択してパスワードを入力して接続します。ネットワーク名の前に表示されている鍵のマークはセキュリティが設定されているという意味で、パスワードを入力しないと接続できません。

Wi−Fi設定2

 

一度設定しておけばその後はWi−Fiがオンになっていれば自動でつながるので便利ですよ。Wi−Fiを利用すればその月のデータ容量を使い切ってしまっても、速度制限に影響されることなくネットを利用できます。また、通信料の節約にもなるので、上手に使えば月額利用料も安く抑えることができますよ。

 

フリーWi−Fiスポットを利用する

また、外出先でもフリーWi−Fiスポットを利用すれば通信量を節約することができます。フリーWi−Fiスポットは駅や都営バス、空港、公共施設、宿泊施設、飲食店、コーヒーショップ、コンビニなど様々なところにあるので、「Wi−Fi使えます」などのステッカーが貼ってあるのを見かけたらぜひ使ってみてください。

 

Wi−Fiの利用方法はそれぞれの場所で異なります。その都度確認してみましょう。

 

なお、「FREE」と名前が付いているだけでセキュリティ対策がされていないWi−Fiにむやみに接続するのは危険です。これは野良Wi−Fiと呼ばれ、セキュリティをかけていないだけで誰でも接続できてしまうWi−Fiです。中には情報を盗み見られたり、不正アクセスやウイルスに感染する危険性のある悪質なものも紛れています。見覚えのないネットワーク名のWi−Fiには接続しないようにしましょう。


トップページ auの格安SIMを徹底比較! iPhoneは使える? 通話はできる? LINEは使える? 実際に使ってみました